おうちでコーヒーを淹れたいと思ったあなたへ

コーヒー

いままでは、外で楽しんでいたコーヒーを、自分の家で淹れてみたい。
となったときに、選択肢は大きく2つに分かれます。

(1) コーヒーメーカーを買う
(2) 自分で淹れる

(1)もだいぶ進化してきていて、ちょっとお金を出せば、いろいろ自分で設定を変えて、自分好みの加減のコーヒーを淹れてくれるマシンもあります。(あとは好みの豆選びだけですね。)

問題は(2)です。
自分で淹れることで自分好みを追求することもできますが、道具を間違えると思いがけない手間になったりします。
思い通りに淹れられないからと、そのうち淹れなくなっていってしまったりしては、もったいない。

ということで、自分で淹れる道具について、難しいものと難しくないものを簡単に紹介します。

いちばん簡単なのは、フレンチプレスと呼ばれるものです。
粉を入れて、お湯を少し注いで蒸らしてから、適量までお湯を入れて、一定時間置いておくだけで、いつも同じような仕上がりのコーヒーを淹れることができます。

ただ弱点もあって、ほんのすこしですが、細かい粉が飲み物に入ってしまいます。
水色もすこし濁ります。
味の濃さは置いておく時間で調整するのですが、それでも濃さが物足りないと思う人がいるかと思います。

もう一つの選択肢が、ペーパードリップと呼ばれるものです(海外ではPour over と呼ばれていたりします。)。
紙のフィルターをドリッパーにセットし、その上からお湯を注いでコーヒーを淹れるというものです。
こちらは、慣れてくると濃さなどを調整するのが比較的簡単なのですが、淹れ方に慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

というわけで、次回以降、初心者の方に向いている道具について書いていきますね。

タイトルとURLをコピーしました